アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年3月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
需要が大きくなっている

腕を組むサラリーマン

携帯端末の主流がスマホになってきている現代において、アプリ開発に関わる需要というのは非常に大きなものになっています。
その中でも最近多くの需要があるのは、スケジュール管理などの便利系のソフトとSNSやメールなどを行う物の二つで、これらは既にスマートフォンがオタクや若者の物だけではなく、仕事分野などにも活用されていることを示しています。
また料金としては有料よりも無料のアプリの方が多いのですが、最近では利益自体は有料アプリも無料アプリも変わりがないという統計も出ており、しっかりとしたアプリを作って公開することが出来るのであれば有料アプリでも問題なく利益を上げることが出来るという事が言えます。
今後も需要は伸びる一方と言えるので、この流れはおそらくとまる事はないでしょう。

アプリ開発の際に注意すべきこととしては、対応OSをどれにするかという事とと値段設定の問題です。
まず対応OSとしては、iPhoneシリーズに使われているiOSとGoogle社がでしているandroid、他に日本ではマイナーですがwindowphoneなど複数の物もあります。
どのOSに対応したアプリを作るかで、プログラミング言語も違ってきますし公開の方法も異なってくるので予め自分がどのよう方法で開発したいのか考え、その上でOSを決める事をお勧めします。
次に値段設定の問題ですが、これはアプリをどのような層に売りたいのかという事で異なってきます。
しっかりとした商品を作って有料とするか、広告を添付して無料アプリとして多くの人に使ってもらうか、もしくは広告などもつけずに宣伝の一環として公開するか、など販売戦略が大きくかかわってくるところなのでしっかりと考える必要があるのです。

開発の際に知っておくと良い事としてはOSの特徴です。
例えばiosは現在ではiPhoneシリーズのみ対応であり、公開等されていないので基本的に機種の性能や相性の問題というのは発生しません。
一方でandroidはフリーOSであり、基本的に改変自由でが基本的に如何なるハードにもインストールすることも可能で、日本製から欧米、中国製まで様々な機種が有ります。
なので対応問題というのが出てきて、機種によって対応するしないの問題があります。
ただし、最近では開発元のGoogle社もあまりに改変を行った結果、OSのアップデートすら対応しないなどの問題が出て来てたため認定制度などを実施しており、スペック問題などは有りますがOSで対応しないという事は滅多に起こらなくなりました。

オススメリンク

海外も参入中

スマホを使っているユーザーは国内だけではなく、全世界に拡散しています。ですから、それだけ幅広いところで求められ […]Read more

開発に必要な費用

最近では様々なユーザーの方たちもアプリ開発に参戦することができるような環境が整ってきました。どんな人でも面白そ […]Read more

便利で面白いアプリ

スマートフォンの登場によりアプリの需要が生まれ日々多数のアプリが世の中に流れ出ている。ヒマを潰せるようなゲーム […]Read more

関連リンク