外付けhddの不具合に対処する術とは【データと付き合っていこう】

外付けhddについて

外付けhddの種類

Hard disk

最近の液晶テレビにはほとんどのテレビに、外付けhddを接続してテレビ番組を録画出来る機能が搭載されています。新しくテレビを購入して、新規で外付けhddを購入しようと考えている方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、外付けhddの種類や、人気のあるもの、不具合などについてを書いてみたいと思います。 外付けhddには、大きく分けて二種類のものがあります。一つはコンセント電源などを必要としない、USBバスパワーで電源を供給出来るもの。もう一つはコンセントに繋いで電源を確保する、AC電源タイプのものです。 どちらも使用方法は簡単で、テレビに付属のUSB端子を繋いで、テレビのリモコンで録画の操作を行うだけです。初めて使用する時は、hddのフォーマットを行う必要がありますが、この操作もテレビのリモコンで行えるので、難しい事はありません。

人気のものと不具合の種類

最近の人気がある製品は、接続が簡単で薄型のものが多く値段も手頃な価格の、USBバスパワータイプの製品となっています。人気がある理由には、接続が簡単で値段も手頃なものが多いという理由の他にも、薄型のものが多いので場所をとらずに、すっきり設置出来るという理由もあります。また、壁掛けテレビにしている場合には、テレビの背面に隠して設置出来るのも人気の理由となっています。 しかし、こちらのタイプの製品には、いくつかの不具合が報告される事があります。一番多い不具合は、録画予約をしておいたのに録画されていないという不具合です。この不具合の原因は、電源供給に原因がある場合がとても多いです。録画予約の場合、予約した時間になると自動で外付けhddの電源が入り、自動で録画を行うのですが、この時に電源が入らずに録画出来ないというのが、この不具合の原因として最も多いです。USBバスパワーの場合は、製品によっては電気信号が弱くて感知出来ずに、自動電源が入らないという事があります。また、テレビとの相性なども大きく関わってきます。 その不具合が我慢出来ない場合は、製品を変えるか、AC電源のものを使用してみて下さい。